もみじいろ

紅葉、いっしょに見たかった。

 

冬になる前の雨の音、いっしょに聴きたかった。

 

ひんやりした夜、いっしょに散歩したかった。

 

ほんとうは、月を、星を。

隣で、手を繋いで。

いっしょに眺めているはずだったのに。

 

「会いに行くよ」

 

それを、もう、信じることができない。

でも、だから、賭けてみることにするよ。

 

もう一度、きみが追いかけてくれるなら。

しばるもの

この感情は呪縛だよ。

この行為も呪縛だよ。

逃げたら、どうなるとおもう?

それを知っても、逃れられるかい?

 

君こそ呪縛だよ。

逃げたいなら、逃げたらいいよ。

 

やろうと思えばいつでもできたはずだろう。

おくらない

画面に映し出される文字

 

君へ届くはずだった文字

 

どうでもいいあいさつの下に点滅する一本の棒が全て

 

 

小心者の僕がただ次の返事を待ってる

 

あまいせい

それは「優しさ」でなくって「甘さ」です。

 

その人の悲しい笑みは、期待に応えられなかったから?

 

いつも暗い話をしてしまう。

 

信頼しているひとが少ないと、相談するひとも限られてしまうでしょ。

 

きみにはいつも、わたしは重たいのでしょ。

 

それでは、どうすればいいの。

 

押し込めるとまた、刻んでしまう。

 

また、流れる。

ときがたつ

数年まえ夢中だった彼の夢をみた

手を繋いだあのあたたかさ

わたしもあの子のように守られてみたかった

 

あの頃手には入らなかった彼の手を

また思い出せるとは

ひさしぶり

ずるいね、会いたいと思ったよ。

その声が聞けて、存在を思い出して、少し不安な明日もがんばれる気がするんだ。

思ったより、思ってることなんて伝えられやしないけどさ。

電話してきてくれて、ありがとうね。

おとのらく

好きな曲でした

 

それはあなたの曲で

あなたを無条件に蘇らせる曲で

大好きな曲でした

 

あなたを待って凍えた夜も

あなたを追いかけて雨に濡れた夜も

あなたの体温に触れた

あの冷えた朝も

 

思い起こすのは私だけでしょう

苦しいのも私だけでしょう

 

まだ

指先が冷えますね

 

この風があたたかくなる頃には

私は

あなたを

 

忘れてしまいたい

忘れたくない

 

春の音が聞こえる