あまいせい

それは「優しさ」でなくって「甘さ」です。

 

その人の悲しい笑みは、期待に応えられなかったから?

 

いつも暗い話をしてしまう。

 

信頼しているひとが少ないと、相談するひとも限られてしまうでしょ。

 

きみにはいつも、わたしは重たいのでしょ。

 

それでは、どうすればいいの。

 

押し込めるとまた、刻んでしまう。

 

また、流れる。

ときがたつ

数年まえ夢中だった彼の夢をみた

手を繋いだあのあたたかさ

わたしもあの子のように守られてみたかった

 

あの頃手には入らなかった彼の手を

また思い出せるとは

ひさしぶり

ずるいね、会いたいと思ったよ。

その声が聞けて、存在を思い出して、少し不安な明日もがんばれる気がするんだ。

思ったより、思ってることなんて伝えられやしないけどさ。

電話してきてくれて、ありがとうね。

おとのらく

好きな曲でした

 

それはあなたの曲で

あなたを無条件に蘇らせる曲で

大好きな曲でした

 

あなたを待って凍えた夜も

あなたを追いかけて雨に濡れた夜も

あなたの体温に触れた

あの冷えた朝も

 

思い起こすのは私だけでしょう

苦しいのも私だけでしょう

 

まだ

指先が冷えますね

 

この風があたたかくなる頃には

私は

あなたを

 

忘れてしまいたい

忘れたくない

 

春の音が聞こえる

おほしさま

「東京はなにも見えません」

 

と、誰かが呟いていた。

 

明るくて、賑わっている街ほど、空は寂しいんだね。

 

愛しいひとが隣に座っていて、眺める空は、きっとどんなに不便な田舎だって幸せなんだろう。

 

ぬくもりをくださいよ。

うん、君でいいからさ。

おなじよう

なんで来たのって

 

わたしも同じようにしてもらったからだよ

 

同じように泣いたからだよ

 

来ないと思ってた大好きな人が

 

突然ふいに会いにきてくれた

 

急いだような少し火照った頬で

 

素敵な贈り物を持って現れた

 

その瞬間がどれだけ幸せで

 

どれだけ愛しかったか

 

わたしは知っていたからだよ

うすれてく

いつか

薄れていくのだろうか

 

この気持ちも

脳裏に浮かぶ君も

 

今はこんなに鮮明なのに

 

「会いにきたよ」

 

少しドヤ気味で

吐く息を白くして

その日一日頑張り切ったあとの

すこしつかれた顔を

くしゃっとする

 

会いにきてくれてありがとう

 

僕はわがままでだめだね

はやく帰らなきゃいけない君を

ひきとめて

離したくない

 

いつか

薄れていくのだろうか

 

あの夜

手を離さなければ

 

という後悔も