ときがたつ

数年まえ夢中だった彼の夢をみた

手を繋いだあのあたたかさ

わたしもあの子のように守られてみたかった

 

あの頃手には入らなかった彼の手を

また思い出せるとは