さくらいろ

桜が咲いたのであなたを抱きしめました

 

見えないね、花びら

 

聴こえないね、風の音

 

それでも確かにあるね、体温

 

この小さくて儚い塊を

僕はいつまで大切にしていいかな

 

うん、ずっと?

ねぇ、桜が散り始めたみたいだ