1.11.99

はるた彗星

ほおつたう

せんせい、わたしは間違っていましたか。

また間違ってしまったのですか。

 

自分の独断と偏見により行ったそれらは、あなたを傷つけてしまった。

あなたの悲しそうな眉の形を見たとき、心臓がグッと掴まれたように苦しくなった。

 

「大丈夫、君は悪くない」

 

あなたは傷つけられた側なのに、わたしを許し、慰めようとしてくれましたね。

それでどんなに救われたか。

同時にどんなに悔しかったか。

もうわたしは、太陽を見上げることを諦めてしまったみたいです。