1.11.99

記憶を辿る 文字のアルバム

それとにた

「どういう意味?」って

馬鹿にしたように聞かないで。

 

きょう雨が降ったから僕の恋は叶うんだって

そんな曲を書いてよ。

 

すぐそこの電灯の光よりも

遥か遠くの月の灯りのほうが輝いているでしょ

気づいた?

 

夏の大三角

火星

木星

ねえアルクトゥルス

一瞬をなにをそんなに急いで、瞬いているの。

 

真夏の空が

雲が、夜が、星が

泣きそうなほどに美しい。

 

 

迎えに来ない君を凍えながら待ってる。