1.11.99

記憶を辿る 文字のアルバム

ぼうきゃく

あぁ、触らないで

触れないで

もうこっちまで来なくていい

 

好きになれなかった

ごめん

 

大切に「しなきゃ」と思ったあの日から

わたしの心なんて向いてなかったわ

 

それに気づいていたのに

いつかあなたをこうやって傷つけること

わかっていながら傍にいたの

 

それでもわかってるよ

あなたはわたしを嫌いになんてなれないの

 

嫌いになんてなれないの

あなたがそうしたいから

ナイフを片手に優しくてごめん

 

でも悪魔のようなわたしを

愛してしまったあなたが悪い