1.11.99

はるた彗星

めいきゅう

一番に思い浮かぶ顔はいつだってあなたなのに、いつだってわたしは矛盾している。

あなたが欲しいはずなのに、「他」ですら求めてしまうその心はわたしだって問いたい。

あなたがいれば他になにも要らないんです、というセリフは、すでに手に入っているひとが主張する言葉だと思うんです、本当に。

どんなことがわたしにとって「良い」のかわからず、「悪い」結果に涙が出る所存です。

決してあなたのことをぞんざいに扱っているわけではなく、わたし、とりあえず悲しいです。

とりあえず、「好き」って言っときゃいいですか。