1.11.99

はるた彗星

ゆきおめん

親元を離れてから、ハルは「男性」というものを知った。

SNSで知り合い、出会うことが多かった。

一人暮らしをしてみて大変なことはたくさんあったけれど、ひとりが寂しすぎるということはない。

ひとり空間に浸れるその瞬間は苦ではなかった。

 

液晶の向こうの男たちは、歳上・同い年・歳下に関わらずハルの無垢な人柄に惹かれまず会いたがる。

だからハルは、一緒にいて楽しめそうだと思うひととはすぐに会えた。

彼女のタイプは、「作り笑顔をしなくてもいいひと」。

 

ハルがはたちという華を見送った年のクリスマス、会いたいひとがいた。

 

クリスマスイブの24時、狐の鳥居のまえにいきます。

 

彼はそれに、「行かない」と言った。

 

ハルが拒否されたのは、それが初めてだった。

彼はクールで、どちらかというとあまり笑わなそうな、悪く言えばつれない男だった。

だからハルは、笑ってほしかったのだ。

自分と、一緒に。

でも彼は年を越えたら遠方へ旅立つらしい、だからそのまえに、すきなひとができるとつらいと言う。

 

好きになりたくないから、会わない。

 

不思議とハルは、美しい感情だとおもった。

たしかに言われたときは納得はいかない、だってすきになるかもわからないから。

 

「ハル。ごめんね」

 

あぁ。

許そうか。

優しく、悲しい笑顔をしているんだとおもった。

そうであってほしかった。

 

あの夜から、1年以上は経っただろう。

 

 

拝啓、雪のひと。

元気でいますか。

すきなひとはできましたか。